相続税ってなに?

相続税とはどんな税金のことを言うのでしょうか?

相続するという機会はそう人生の中でたくさんあることではないので、実は良くわからないという人もいるかもしれませんね。

相続税というのはその名の通り相続したものに対してかかる税金のことを言います。

相続するということは元のその財産を所有していた人はこの世を去っているということになり、故人は被相続人、相続する人を相続人と言います。

相続されるものとしては、土地や家などの不動産、預貯金、家庭用財産など、また、死亡保険金、退職年金などがあります。

相続税は誰が申告して支払をするのかと言えば、相続した人がします。

相続税の申告、納付期限は被相続人の死亡の翌日から10ヶ月以内と定められています。

相続税に関して、相続するものが現金以外であることの方が多く、中にはこの相続税を支払えないという相続人も中にはいます。

そう言った場合、担保を提供し延納することや、何かそれに値する物を所有している場合、物納をすることができます。

いずれにしても、相続をした場合には何かしらの手続をし、税務署にて手続をしなくてはなりません。

わからないことがあれば税理士(【関連URL】http://chester-tax.jp/など)に相談すること、もしくは司法書士などの専門家に相談する様にしましょう。